consept

伝統技術の継承 古民家再生 インスペクション 補助金等優遇制度

伝統技術の継承

術の継承とは本来、技術の継承とは技術の進歩が伴うべきで
前の時代から受け継いだ技術を何も変化させず、次世代に伝えるのはよくありません。
技術を預かった職人は、それを進化させ、新技術を加えつつ、不要な技術を取り除くべきです。
そのサイクルを各時代の職人が繰り返し、長く継承されていくのが真の技術ではないでしょうか。

引き継ぐ技術=受け継いだ技術(1+成長%)+新しい技術-不要な技術

我々現代の大工職人は、先人の知恵と努力の上に成り立ち、その恩恵にあずかっているのです。

大工職人の高齢化に伴い高度な技能を持ったが職人の高齢化が進む一方で、
大工職人を目指す若者が減少していることから、次世代を担う若者への技術の継承が困難な状況となっています。

土交通省は、このような状況を踏まえ、伝統構法を活かした木造住宅の生産体制を再構築するとともに、
我が国の職人文化・もの作り文化の再興を担う人材育成を目指し、
2003年より「大工育成塾」が創設され、大工職人の育成に取り組んでいます。

大工育成塾と有限会社大津建設は相互の協力の下、大工職人育成に努め、
塾生の受入れは8期生(桂組)、10期生(桜組)13期生(楠組)計3名ですが、13期生を最後に惜しまれつつ閉塾いたしました。

どのようなかたちで伝統技術の継承を行うかが今後の課題です。

インスペクション

インスペクションイメージ

inspection(インスペクション)=調査、検査という意味で、
住宅においてのインスペクションは国土交通省が策定した
ガイドラインに沿って既存住宅の現状調査を行う事です。

国土交通省のガイドラインに準拠した「既存住宅現況検査技術者」は検査方法や、
サービス提供時の留意事項、関係法令に関する知識等を幅広く身に付けた者だけが認定され、
第三者的な立場から、住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、
おおよその費用などを見極め、アドバイスを行います。

有限会社大津建設では在籍する「既存住宅現況検査技術者」が既存住宅現況検査報告書を発行し、
それをもとに的確なアドバイスを行います。

補助金等優遇制度

様々な補助金等優遇制度がございますので、

お客様に合った補助金制度をご案内致します。

詳しくはお問い合わせください。